群馬県で老後資金をコツコツ準備するためのブログ

人生100年時代と言われますが、老後資金は大きなテーマ。とはいえ現役時代はそれほど収入が増えるわけでもなく、支出も多い。そんな中でもコツコツ老後資金を準備する方法を研究し、提案します。

こんにちは。
今回はリターンとリスクについてです。
先日、こんな会話がありました。

「〇〇で20年前に運用していたらお金が7倍になっていたはずだよ」
「10万円が20年で70万円だね」


騰落率

騰落率とはある期間からある期間までの変動がどれくらいあったかを表すものです。
騰落率(%)=差/ 購入したときの価格×100

60万円/10万円×100=600%となります。

電卓を見せるセールスマンのイラスト(女性)



騰落率は利回りとは違います。


年平均利回り

まず利回りについて。
利回りとは 利益/元本×100
つまり投資元本についてどれくらい利益が出るかということです。

「3か月で1%の利回り」「1年で1%の利回り」
どちらも1%。
どちらか選ぶならもちろん3ヶ月で1%のほうがいいですが、
なんかわかりづらいですね。

そこで、利回りは「1年あたりで表示」とされています。
そうなると
「1年で4%の利回り」「1年で1%の利回り」となります。

これが年平均利回り。

年平均利回りとは、一定期間、複利運用したことで得られる利益を1年あたりの額に平均化し、その率を示したものです。

このような式になります。

(複利運用の利益/運用年数÷元本額)×100

電卓を見せるセールスマンのイラスト(女性)




たとえば元本100万円を5年間運用して、120万円を受けとるときの平均利回りを計算してみます。

( 20万 /5年 )/ 100万 × 100 = 4 %

これは複利運用商品の収益性を、単利にみなして計算したものです。

幾何平均

ただ、複利で運用してきた実績を何%で運用できたかだすときも複利で計算しないとわからないですね。

最初の話は結局何%の利回りなんでしょうか?
複利で割り戻してみます。

年当たりの平均収益率を r% とすると

10万円×(100%+r%)×(100%+r%)×(100%+r%)×(100%+r%)・・・
というように20乗したら=70万円ということです。

10万円×(1+r)20=70万円


計算が面倒ですが約10%となります。


 

リスクは標準偏差

期待するリターンからどれくらいずれそうか、あるいは実績としてずれたか、という事も知りたいですよね。

これを表すのが標準偏差。

リスクを知るときに標準偏差を使います。

「リターンに対してだいたい7割くらい(正確には68.2%くらいの確率で入る範囲」がわかれば少し安心ですよね?

この統計上の標準偏差を割り出し、リスクと考えます。

たとえば運用成績の説明で「リターン2%リスク5%」とあれば、2%より上にいく確率50%、下にいく確率も50%、良ければ7%、悪ければ―3%、7%から-3%の範囲に入る確率は約7割という意味です。

標準偏差を2倍すると約95%の確率で入る範囲もわかります。「標準偏差」の画像検索結果

 

※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

こんにちは。
セカンドオピニオンについてです。

第2の意見をきく

「セカンドオピニオン」って知っていますか?なんとなくきいたことはあるけど、実際はよくわからない、という人も多いのではないでしょうか?

 

セカンドオピニオンというのは医療分野で使われる言葉で、直訳すれば「第二の意見」ということです。
具体的には、診断や治療方法について、自分の担当医以外の医師の意見をきき、参考にすることをいいます。がんや心臓病のように治療方法が日進月歩している領域では特にセカンドオピニオンの必要性が高まっています。

問診のイラスト(女医・女性患者)




たとえば

◎担当医から診断と治療方針の説明を受けたけど、他の医者の診断と治療方針の意見もききたい

◎担当医からいくつかの治療方針を提示されて決断に迷っている

◎他にも治療方法がないか知りたい

こんなときに、自分で納得して治療方法を選択し、納得のいく治療を受けるために、他の医師の意見も聞いてみるという方法なのです。

 



担当医に失礼になる?


とはいえ、本人の気持ちの問題(「あの病院はいやだ」とか)や、余計な気遣い(「いつも行っている主治医の先生がこっちの病院を紹介状してくれたのに、違うところに行ったら失礼なのでは?」とか)などにより、セカンドオピニオンの活用が阻まれることも。

 
米国では日本に比べセカンドオピニオンがかなり定着しているようです。
常に新しい治療方法が研究されている医療分野の中で、治療方法が複雑化し選択枝が多岐にわたるため、医師自らがセカンドオピニオンを勧めることも増えてきたようです。


セカンドオピニオンのメリット

セカンドオピニオンを利用すれば

◎他の医師の意見をきくことにより、納得と安心感が得られる。

◎自分の病状に最もふさわしい治療方法にたどりつける

◎自分の病状に対する治療方法の選択枝が増える

というメリットがあります。

医療の地域格差や病院間格差という現実的な問題もセカンドオピニオンによる「情報」という力で解決できることもあります。



保険のサービスを活用する

 セカンドオピニオンを受けるには、担当医にセカンドオピニオン受けたいことを相談し、紹介状を依頼し、検査の資料の借用をお願いします。

セカンドオピニオンをどこで受けるかはセカンドオピニオン外来を扱っている医療機関や、セカンドオピニオン事業を行っている企業・団体など、いろいろあります。
最近では保険会社がサービスとしてセカンドオピニオンを付保し、その症例の専門医紹介までしているものもあります。(保険商品によって対象外のものもあります)

情報の有無が、治療に大きく影響します。
とても大事なことですね。

 ※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

こんにちは。
今回は女性のがんのQOLについてです。


治すだけでなくQOLを高める

QOLという言葉をご存知ですか?
QOLとは、クオリティ・オブ・ライフの略で、日本語では「生活の質」と訳されます。

QOLは、患者さんが、人間らしく満足行く生活が送れているのかという尺度として捉えられています。

がんは、「治す」だけでなく「高いQOLを維持しながら社会復帰する」ことを考えるようになっているようです。

化学療法のイラスト

女性だからこそ気になることもある

例えば乳がんにおいて乳房切除するケースがあります。
乳房をなくすことは身体だけでなく心のダメージを受けることも多いものですが、ダメージをできるだけ軽減するいろいろな方法があります。

乳房再建手術は乳がん手術と同時に行う一次再建と乳がん手術を終えてから一定期間をおいて行う二次再建があります。

背中やお中の筋肉などを移植する手術は1~3週間の入院を伴い、費用も自己負担3割で30万~60万円かかるといわれます。
ティッシュエキスパンダ―とインプラントを使う手術は日帰り~1週間程度の入院を伴い、費用は自己負担3割で40万~50万円かかるそうです。

また抗がん剤の副作用で髪が抜けることもあります。
抗がん剤による脱毛のイラスト

ウィッグは通販では1万~10万円で購入できるものもありますが、美容室などの専門店では3万~30万円かかるものもあります。

QOL費用も考慮する

がんになったときの備えとして医療保険やがん保険があります。
公的保険があるとはいえ、意外と治療費以外にもお金がかかるものです。
公的保険は現物給付として医療費が割引になるもの、いっぽう民間保険は現金給付です。

従来の民間医療保険やがん保険は入院日数×日額で支給されるタイプでした。
最近の医療保険は入院時に一時金支給されるものや、最近のがん保険では診断時に一時金で支給されます。
がんの場合には一定の治療をしていれば毎年一時金で支給されるものも出てきています。

一度自分の加入している医療保険やがん保険を見直してみましょう。


セカンドオピニオンサービス

「治せばいい」だけでなく「高いQOL」をめざす治療へと最近は変わりつつある時代だからこそ、自分の希望にあった治療方法を信頼できるドクターにお願いできるといいですね。

セカンドオピニオンという言葉を知っていますか?
セカンドオピニオンとは、患者が納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。
問診のイラスト(女医・女性患者)
最近の保険にはセカンドオピニオンサービスがついているものもあります。
(保険会社によって異なります)
保険会社のサービス面も確認してみましょう。

※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

 

 こんにちは。

今回は介護保険についてです。


「2025年問題」

2025年は団塊の世代が後期高齢者(75歳)になり、介護・医療費などの社会保障費の増大が懸念されるといわれます。

大介護時代がやってくるともいわれています。

介護のイラスト「ベッドに寝るおじいさん」



公的年金の財源の問題はよくクローズアップされますが、実は介護保険の財源も厳しい状況です。

将来の介護状態に備えて自分で準備する必要があります。


民間介護保険は現物給付

でも民間介護保険もあるじゃないと思うかもしれませんが、民間介護保険は現物給付です。
かかったサービス費用の1割で済むというもの。

でも介護に付随するといろいろ出ていくお金もあります。
給付金がもらえるものではありませんから、これらのお金は自分で負担しなければなりません。


 最近では民間保険でも介護保険に対応した保険が数多くでてきています。

今回は民間保険を選ぶポイントについてみてみましょう。

 


主契約か特約か

保険の構造は「主契約」と、それに主契約にオプションでつける「特約」から成り立っています。
特約は、主契約を解約するとなくなってしまう保障です。

「民間介護保険」として介護の保障が主契約なのか、
医療保険や死亡保険の特約なのかで大きく分かれます。

 

終身か定期か

保険は保障期間の有効期限がある定期タイプか終身タイプかで大きく2つあります。

 
定期タイプは一定期間に支払事由にならなければ、保障も終了します。
終身は有効期間がなく死亡するまで介護保障が継続するものです。


解約返戻金の有無

途中で解約した場合に解約返戻金があるタイプかないタイプかを確認しましょう。
一定期間までの保障で、途中解約しても解約返戻金がないものが、いわゆる「掛捨て」です。
保障は割安です。
解約返戻金があるタイプは貯蓄性がありますが割高です。
解約返戻金があるタイプは払った金額に対しどれだけ戻ってくるか確認しましょう。

 


死亡保障の有無

途中で死亡した場合に死亡保障がつくかつかないかを確認しましょう。
死亡保障がないタイプは一定の介護状態にならずに死亡してしまったら、何の保障もないタイプです。
死亡保障タイプは介護状態にならずに死亡したら、死亡保険金が受け取れます。

 

介護状態の認定基準

介護状態の認定は大きく分けると3つあります。
公的介護保険の要介護度に合わせる「公的介護保険連動型」、
公的保険の要介護認定を基準に各保険会社独自の条件を盛り込む「一部連動型」
独自の基準で支払を決める「会社独自基準型」です。

 

・公的介護保険連動型

「公的介護保険制度の要介護○以上に認定されたときに支払われる」とされるタイプです。
公的介護保険制度の要介護○以上に認定されたとき、または当社所定の状態になったとき」となっていることが多く、どちらかの基準に該当すれば保険金を受け取ることができます。

 

・一部連動型

「公的介護保険制度の要介護○以上に認定され、その状態が○○日間を越えて継続した場合」というように会社所定の条件が追加されているタイプです。
公的介護保険の要介護状態になっても、保険金を請求できません。

 

・会社独自基準型

寝たきりや認知症など会社独自の支払基準を定めています。

 

介護一時金か介護年金か

給付の形態は一時金支払いか年金形式での支払いか、大きく2つあります。

・介護一時金

 介護状態になったら契約金額を一時金で受け取るものです。

・介護年金

 介護状態になったら契約金額を年金形式で受け取るものです。いつまで支払われるかがポイントです。

 


どうですか?

いろんな種類がありますね。

介護に備えるは預貯金で準備することもできますが、普通の生活資金のうえにさらに介護資金まで準備するとなると資金準備の負担が増えます。

保障という権利で準備しておくのも一つです。



※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。