群馬県で老後資金をコツコツ準備するためのブログ

人生100年時代と言われますが、老後資金は大きなテーマ。とはいえ現役時代はそれほど収入が増えるわけでもなく、支出も多い。そんな中でもコツコツ老後資金を準備する方法を研究し、提案します。

こんにちは。


今回は仮想通貨の話です。
仮想通貨は資産価値のある電子データです。

仮想通貨についてはLINEや大手銀行の業界参入など動向は看過できないくらいスピーディに変化しています。

いろいろな仮想通貨のイラスト

仮想通貨については過去の記事を参照ください。
     ↓
http://miyaichifp.blog.jp/archives/75148620.html

仮想通貨ももはや資産のひとつと言えます。



値動きの変動リスクを抑えるには「つみたて方式」

仮想通貨というと・・・値動きが激しいのが特徴です。

その意味では資産形成としては値動きがはげしいので注意が必要です。


できるだけ値動きを抑えて購入する方法が「つみたて」です。

積み立てのイラスト(男性)




ドルコスト平均法

ちょっとここでクイズです。

AさんとBさんがいます。
2人とも3万円を株式に投資しました。
Aさんはいっぺんに3万円で買いました。
Bさんは3ケ月に分けて毎月1万円ずつ買いました。

その株式は
1ヶ月め 100円
 ↓
2ヶ月め 50円
 ↓
3ヶ月め 75円という動きをしました。

では3ヶ月め、AさんとBさんは投資した3万円がいくらになったでしょう。


答え

Aさんは
1ヶ月めに3万円で100円の株を300株買いました。
300株持っていて、1株が75円になったのですから
300×75円=22500円です。

3万円が7500円のマイナスになってますね。


では、Bさんは
1ヶ月め10000円で100株
2ヶ月め10000円で200株
3ヶ月め10000円で133株買えました。
合計で433株買えました。


433株持っていて、1株が75円になったのですから
433×75円=32475円です。


Bさんは買い始めたときより価格が下がっているのにお金は増えています。

Bさんは下がって安くなったときにたくさん買っているからなのです。




資産を増やすには量を増やすことも大事なのです。

資産=量×時価



このような買い方をドルコスト平均法といいます。


コイン積立


つみたてで仮想通貨を買える取引所はZaifです。
Zaifでアカウントをつくったら
月々1000円から銀行引き落としで積立ができます。

   ↓
  Zaif

これは毎日積立している形になります。
月1000円なら毎日33円ずつ積み立てていることになります。
さきほどの時間分散の効果を活用できます。
33円で価格が下がったときに多く買え、
価格が上がっているときには少なく買う方法です。

通貨はビットコイン、MONA、XEM,イーサリアムが積み立てで購入できます。

仮想通貨はたくさん種類がありますが、長期的に資産価値とするには、メジャーなコインにしておくのも一つです。

ただ、積立には手数料がかかるのが注意です。


注意点

仮想通貨は利益分が雑所得になります。
雑所得は総合課税なので、他の所得などと合算して税金の対象になります。

利益が出ると、税金が高くなってしまうのです。
いっぺんに現金化しない、など現金化するにもポイントがあります。

また、金融庁が取引所に対して整備を求めています。
今後の整備の動向も注意が必要です。

※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

こんにちは。


今回はおつり貯金のように少額から投資信託で運用する話です。


おつり貯金

1円玉や10円玉、100円玉などを貯金しているという人はいませんか?

我が家も大きな瓶の中に貯めていました。

「貯金箱イラスト」の画像検索結果



そんなことがキャッシュレスでできます。
しかも積立投資信託です。



おつり積立投資信託

最近はスマホの家計簿アプリがたくさんでています。
マネ―フォワードなどが有名ですが、楽ちんに家計簿がつけられます。
   ↓
https://moneyforward.com/

お買い物をクレジットカード払いにしていると、
入力することなく自動的に家計簿がつけられます。

そして家計簿アプリと連携したアプリを入れると
お買い物の端数を、つもり貯金のようにつもり投資信託ができるのです。

たとえば・・・
トラノコアプリがそうです。
      ↓
https://toranoko.com/

ただ、手数料がかかることと、利益が課税対象であることが注意点です。



非課税でおつり投資信託


手数料と課税が気になる人なら
マネ―フォワードと「しらたま」を組み合わせて「つみたてNISA」で運用する方法もあります。

「しらたまアプリ」
      ↓
https://sirata.ma/


これにはまず住信SBIネット銀行のアカウントが必要です。
      ↓
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate

マネ―フォワードでクレジットカードでお買い物記録をつけている人は
しらたまアプリでおつり端数をチェックすると
端数金額が住信SBIネット銀行で貯まるしくみです。

ちなみに端数貯金のほか、
たとえば毎日50円ずつというように
一定額ずつ貯金する、という設定もできます。
その場合にはマネ―フォワードの設定がなくてもできます。
しらたまアプリで設定した金額が
住信SBIネット銀行で貯まっていきます。


投資用のお金をチャージ

ところでSBI証券で証券口座を開設し
住信SBIネット銀行のインターネットサービスを活用して
しらたま貯金をハイブリット預金に振り替えると
SBI証券の投資用資金のチャージができます。

SBI証券の口座開設
   ↓
https://m.sbisec.co.jp/eatiw011

この資金をもとに投資信託を買うと
おつりで投資信託ができるのです。


つみたてNISA

SBI証券は100円から投資信託の購入ができます。

通常の積立投資信託だと課税ですが、
つみたてNISAを申し込んでおけば
100円で積立て投資信託ができ、非課税となります。

SBI証券のつみたてNISAは
毎日、毎週、毎月から選択できるので
しらたまでおつり貯金→投資用資金となり→つみたてNISAで非課税で積立て投資信託の流れができます。

知らずにお金が増えますね。

NISAのイラスト

※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

こんにちは。

今回は交際費をうかせて、貯蓄に回す方法についてです。


貯金のイラスト



ふるさと納税を使う

ずばり、ふるさと納税の活用です。
 

たとえば6月は父の日ですね。
父の日のプレゼント、ふるさと納税を活用してみることもできるんですよ。

ふるさと納税なら、地域名産品をプレゼントすることもできます。
ふるさと納税サイトにも父の日用というように特集が組まれています。

 

例 ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/feature/a/series_fatherdays

 


そもそも、ふるさと納税は、自治体へ寄付すること。
寄付した自治体から特産品や工芸品等、各地域のお礼の品がもらえますが、お礼の品は自分でなく自分が指定した人が受け取ってもいいわけです。


ふるさと納税のイラスト




交際費は年間2千円になる

ふるさと納税を活用すると、交際費をうかせることができます。

 

ふるさと納税は都道府県や市町村に寄付をすると、寄付した金額から2千円を差し引いた金額が一定の上限まで、所得税と住民税から控除(減税)されるしくみです。

つまり、一定の上限額までであれば、実質負担は年間2千円でいろいろな品物をもらえるわけです。

(一定の上限額はその人の収入金額や家族構成などによって変わってきます)

 
たとえば、いつも母の日、父の日、お中元、お歳暮など年間で5万円使っている人は、ふつうなら単純に手取り家計の中から5万円の交際費を支出しています。

この人のふるさと納税の上限額が6万円だとします。

そしてふるさと納税で母の日、父の日、お中元、お歳暮の時期と何回かにわけて年間5万円の寄付をし、お礼の品をプレゼントすると、4万8000円分が税金の控除になり、交際費は実質2千円になります。


ういた4万8000円を貯蓄にまわすことができますよ(^_-)-☆


※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。

こんにちは。

「副業」・・・ちょっと話題ですね。

ちょっと前なら「副業」というと悪いイメージでした。
最近では国のほうが多様な働き方について検討しています。


就業規則のイラスト



副業が増える?

2018年1月には厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめました。
また厚生労働省が示していた「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除しました。


つまり、会社の利益に反するようなことがない限り、「副業・兼業」は自由だとしたわけです。

大企業も副業を認める企業が出てきています。



税金や社会保険料が増え可処分所得が減る・・・
そうなれば
手取り収入を増やして家計防衛していくことがとても大事になってきます。


複業が期待されている?

「副業」ではなく「複業」という言い方さえします。

人生100年時代。
就学、社会人、リタイアという3ステージでの人生計画ではなく、
長い人生をを見据えた複線的な働き方や選択肢の多様化が期待されています。


アフィリエイト

副業(複業)というとやはり、真っ先に浮かぶのはアフィリエイト=広告代理人です。
本業の仕事をしながらでも、自身のブログやツイッターなどで宣伝をすることで収入につながります。


ブログのイラスト(ウェブサイト)




アフィリエイトの還元率の高さも大事ですが、中身も大事。
自信をもってすすめられるかどうか、という事も大事ですね。

ポイントサイト

副業によくあるのがポイントサイト。
インターネットでお買いものをするときにポイントサイトのページを経由したり、
アンケートに答えたり、
入力業務を手伝ったりするとポイントが貯まるサイトです。
1ポイント=1円などというように現金と交換もできるのでお小遣い稼ぎになります。

モッピー
 ↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト


Webマーケティング

ところで、最近、私はwebマーケティングを勉強しています。
正直この分野にあんまり力を入れていませんでした。

フェイスブックもツイッターもブログもしていましたが、日記のようなもの。
集客やリピーター化につながるものを考えておこなっていたわけではありませんでした。
(もったいなかった!)


考えてみれば、私1人の人間が会える人の数は限られています。

でもwebを使えば24時間、どこでも私の仕事の営業につながるわけですもんね。
この媒体を使わなきゃ、もったいないですね。

インフルエンサーのイラスト(男性)




Webにはいろんな可能性があるなあ、というのが実感です。

※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。