こんにちは。
今回は外貨建て保険の注意点についてまとめてみます。

いろいろなお金のマーク(ドル)





その前に・・・まず外貨建て保険の魅力について。


高金利だから保険料が安く解約返戻金が貯まる

なんといっても外貨建て保険は円建ての保険に比べて利率が高いのが魅力です。

利率が高いことで、円建ての保険より保険料が安かったり、解約返戻金が多く増えたりするのです。

 

為替差益も期待できる


為替相場によっては為替差益も期待できます。

1000ドルの保険料を払うのに1ドル100円のときなら10万円相当です。その後1ドル120円のときに円に換えれば12万円になって戻ってきます。

 


税金面で有利


外貨建て商品はいろいろありますが、保険の場合、利益は受取時まで課税が繰り延べされ、受取時に一時所得になるのがポイントです。一時所得は「たまたま今年入ってきたお金」となり50万円の控除があり、半分だけ課税対象になるのです。

 

 

ではここから、外貨建て保険の注意点について。

 

保険料が変動する

 

毎回、為替相場によって保険料が変動します。
円安になると支払い保険料は高くなってしまいます。
ギリギリの家計だとちょっときついので、余裕をもった契約内容がいいでしょう。

全期前納払いにすると割引はききますが、払ったときの為替相場が影響します。
月払いや年払いなどにすると毎回、時間分散の効果があります。

 


解約控除や市場価格調整などがある

 

途中で解約した場合には解約控除という手数料がかかる場合があります。
途中の解約はしない、という前提で契約をしましょう。
せっかくの高利率も意味がなくなります。

また解約するタイミングで市場価格調整がとられたりします。
ただ、市場価格調整は解約金が減るだけでなく増えることもあります。
これは保険が債券で運用されているからです。
金利があがっているときに解約すると債券で運用していた保険は価値が下がっているので市場価格調整により解約返戻金が少なくなります。
逆に金利が下がっているときに解約すると債券で運用している保険は価値が上がっているので市場価格調整により解約返戻金が増えます。

 


為替差損もある


為替相場によっては為替差損も出てしまいます。

1000ドルの保険料は1ドル100円のときなら10万円相当です。
その後1ドル80円のときに円に換えれば8万円になってしまいます。

 
長期で運用すること


このようなリスクがあるので、外貨建て商品は長期で運用することが前提です。
また満期がなく、任意のタイミングで円に換えられるような終身保険のようなタイプがよいでしょう。


 ※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。