こんにちは。

今回は「在職老齢年金」についてです。



多く給料をもらうと年金が減額になる?

「年金をもらいながら働いて、あんまり給与が高いと年金の一部または全部が減額される」という話を聞いたことはありませんか?
 それは「在職老齢年金」です。

 老齢厚生年金を受け取ることのできる人が厚生年金保険の被保険者として加入している形で働いていると、年金と給与の合計額によって年金額を調整されてしまうのです。
これは年齢によってしくみが異なります。

 

60歳~64歳の人・・・28万円に注意

・年金月額と給与月額とを合計して28万円以下であれば年金は全部受け取れます。

・年金月額と給与月額とを合計して28万円を超えると一定の計算式に基づいて年金が減額されます。

60歳以降給料がダウンして雇用保険から「高年齢雇用継続基本給付金」を受け取っている場合は年金がさらに調整されるケースがあります。

 

65歳~69歳の人・・・46万円に注意

・年金月額と給与月額との合計額が46万円以下であれば年金は全部受け取れます。

・年金月額と給与月額との合計額が46万円を超えると、一定の計算式に基づいて年金が減額されます。

 

70歳以上の人・・・46万円に注意

70歳以上の方も60歳代後半の場合と全く同じしくみで年金が調整されます。

 

・年金月額と給与月額との合計額が46万円以下であれば年金は全部受け取れます。

・年金月額と給与月額との合計額が46万円を超えると、一定の計算式に基づいて年金が減額されます。

 

70歳になると厚生年金の被保険者にはなれません。厚生年金保険料はもう支払わなくてもよいことになりますが、受け取る年金額は給与と年金額に応じて70歳以降も調整されます。

 



厚生年金の加入者にならなければ減額されない

在職老齢年金はあくまで厚生年金保険の被保険者として働いた場合です。

パートタイマ―のように被保険者とならずに働く場合には年金の減額にはなりません。

 

 選択肢によって手取り額に影響がでてしまいます。効果的な働き方を専門家に相談してみましょう。

 


 ※感想をお寄せください。 
  感想をいただいた方に「老後資金づくりのポイント(PDF)」をお渡しします。